2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書】夜行観覧車

就職する同級生から、大量に小説を譲り受けた中の一冊を読みました。
湊かなえさんの「夜行観覧車」です。


「ひばりが丘」という坂を登った上にある高台の高級住宅街にある、
高橋家の父親が殺され、母親が容疑者として逮捕された。
その事件が引き金となり、「ひばりが丘」の人間関係にヒビが入り始める。

湊かなえさんの代表作である「告白」を立ち読みで読みきってしまったのですが、
読みきれてしまったことと内容と合わせて、ぶっちゃけ全く好みではなかったのですが
人気作で、ドラマ化された作品ですし、あんまり読まず嫌いするのもなぁ…
ということでお風呂の中で一気読みしました。


感想としては「ひたすらにイライラする」でした(笑)
(作品の質が低くてイライラしたなら、私は読むのをやめているだろうなと思うので、そういうことではないです。)
事件が起こる前から、はちきれんばかりに張り詰めていた人間関係が
ガラガラと音を立てて崩れていくのを、ただ見守ることしかできず、
人間関係が再建されることなく、歪なまま終わっていく感じが…
あ、演劇作品でよくあるか、こういう「オチのない」感じ(笑)

壮絶な責任転嫁を繰り返す母子、自己の保身に走ったり、「ひばりヶ丘」に固執するおばちゃん、「日常」に固執するあまり目の前の事件から目をそらせ続ける男たち...

私の嫌いな人達が嫌いな人達同士でずっっっと喧嘩してるから、
もー、辛い。辛かった。笑

私が聖人君子であるわけでもなく、もしかしたらこれが現代日本の「リアル」なご近所付き合いなのかもしれないですけど
「そんなもん娯楽で読んでる本で思い知りたくねーよ!」と、ずっと思っておりました。
有川浩さんの小説が好きなのですが、有川さんの小説では、「そんな人おらんやろ!」って思うほどイケメン美女といい人ばっかりでてくるんですが、
私はそういう幻想を抱いているのが好きなようですw


ただ、なかなか考えさせられるところもありました。

今回は殺人事件が真ん中にあるけど、実際にそれがどういう事件で、殺された父はどういう人物で、どういう哀愁が漂って…なんてことはうすーく描かれるだけの作品で、
その事件の前後で、その家族や周りの家庭がどういう状況なのか、どう変化したのかっていうところが重要なのですが。

説明されれば「なんだそんなことで」って思ってしまうようなことで
人間は簡単におかしくなれるんだなぁ、というか
人生の中でキーになる言葉や事件って、ほんとちっぽけなことなんだろうなぁ、と思いました。
殺人事件の引き金となったことも、大人になった今なら適当に折り合いがつけられることかもしれないけど、高校生の彼にはとてもとても重要なことだろうし。

そして、幻想を抱いていたい、といいながら、
幻想ばかりだと、逆におかしくなってしまうのかもなぁと思いました。
この作品も、崩れた人間関係の中のほうが「まとも」に生きていくことができる人を描いて終わったような気がします。
わがままな人と付き合っていくなかで、人との折り合いのつけかたを覚える、的な?
ふへー、生きていくって難しいw
そういや、一時期「リアル」とかなんとか銘打って、高校生のいじめやクスリや性の乱れなんかをクローズアップした携帯小説が流行った時期ありましたね。
それまで表現されることのなかった、そういう闇の部分を表現することが「リアル」で、みんなでニコニコ体育会の練習をしているのが「リアルじゃない」「現実感がない」と言われてしまうのはなんとなく分からんでもないですけど、
「共感を得ることが目的」の作品を「共感できない人は全く楽しめない」ということを強く主張したかった。あの頃は。笑
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://citronrabbit.blog.fc2.com/tb.php/97-4bd876b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【観劇】キャラメルボックス「クロノス」 «  | BLOG TOP |  » 【現場記録】コピバン大会

プロフィール

いわさきゆき

Author:いわさきゆき
観劇レポとか趣味とか本の記録とか

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (25)
FBログ (15)
観劇 (38)
演劇 (39)
読書 (6)
現場 (6)
勉強 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。