2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【現場記録】コピバン大会


2015年2月11日は、芸工軽音楽部のコピバン大会でした。
普段は現役の照明屋が照明を担当するのですが、定期的に行われるコピバン大会などの企画ライブでは
裏方サークルもOBが参加することがあります。

今後照明の現場も増えていく前にもう一度経験しておきたかったのと、
単純に久々に照明がやりたくて、現場頭をかってでた訳ですが、
まーわからない。仕込み図の書き方も卓の作り方も全然わからず。笑
だから、ここで現場頭をさせてもらって本当によかったなと思っています。
(※現場頭とは、その現場の照明責任者のことです。仕込み図の作成、シュートの指示、仕込みバラシの指示等を行う責任者です。灯体や色の配置も現場頭が決めます。)

S__1679876.jpg

今回はこのような照明になりました。
内訳は、
赤(22、20)、青(73)、黄色(40、43)、ピンク(26?)、青緑(54)、水色(64)、オレンジ(33)、
生(上、AC、下)、SS(生、赤22、緑56、オレンジ38)
です。

やりたかったことは、
・赤と青を2チャンネルずつ用意したかった。
・赤を、22と20の2種類用意したかったのと、青は濃い目の73を使いたかった。
・色数を抑えめにして、全部の色を濃い目にしたかった。
です。

バンドがだいぶ個性的でして、
(アーバンギャルド、モールルギャバン、XJapan、在日ファンク、ジャムプロ、ストレイテナー)
色数を抑えても大丈夫なのかもしれないなっていうのと、
色数を抑えたほうがそれぞれのシーンで光量を確保出来るんじゃないかなって思ったのが理由です。
(例えば、赤の灯体が2発だけでは結局舞台を染めることができなくて、ただ暗い中に赤がついているだけになることが多々ある気がしていたので、色数を減らして灯体の数を確保したほうが、光量を確保できるんじゃないかと。)

結果的に全部の色が濃くなってしまい、「モスラみたい!」という感想をいただいて不安だったんですが
私の持論で、「色の濃淡は顔見せの調節で変えられる」というのがありまして
生と顔見せを炊いているときにはそんなに気にならなかったなという印象です。

あと、派手になるように見えて、実はただ光量が減るだけ(笑)のチェイスのシーンでも
一つ一つの色が濃いので、寂しくならずにもすんだかなと。

今回はバンドのラインナップが個性的で濃いバンドが多かったからなんとかなったのかもしれませんが。
もうちょっと薄めの色があったほうがよかったのかもしれないですね。



卓は、ストレイテナーのコピバンさんを担当させていただきました!
ロックロックした曲の照明をやりたかったので、やらせてもらってすごく嬉しかったです。

色をあれこれ考えたくせに、色をあまり使いたくなかったので赤、青、生をベースにやりました。
7曲あったので、自分の引き出しの無さに苦労したのですが...

ドラマーの先輩が今年で卒業ということで、すごく熱いライブでした。
スピードと勢いに飲み込まれてしまいそうになりつつ、最後まで照らせてよかったです。


いやー、鈍ってる。鈍ってるなー。と思いながら。笑
卓を考えることはできても、ブランクがある中で「これ出来るのか...?」って不安になったり。
緊張で手汗が止まらないのは、現役のときから変わらないんですけどね。

演劇の卓とかやってると思うけど、やっぱりこの照明屋のライブ照明、難易度が高過ぎる。
シーンも組まず、24フェーダーの上げ下げと光量調整をXY段だけでやるっていうのは
ちょっと頭おかしい。笑
(リハ時間20分で、1日に15バンド×3日間とかの軽音ライブでは、シーン組んでる暇がない)

だからこその楽しさとか、奥深さとか、悔しさとかもあると思うんですが。
先輩たちの卓がやっぱり永遠の憧れで、目標で。
バンドに真摯に向き合っている姿を見て、背筋が正された気分です。
基本的に、裏方は「絶対にミスってはいけない」部署なんだなと再認識しました。
(裏方のミスも演者の評価に加わるということを再認識。もちろん、ミスを繰り返して上手くなっていくものではあるので、あくまで意識の問題です)



楽しかった―。
完全に裏方の私ですが、軽音楽部にも知り合いが増えてきて、なんか嬉しいなぁと思っています。
次は追いコンライブ、追いコンオリジナルライブが3月にありますね!
現場続きですが...参加できたらいいなと思っています。

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://citronrabbit.blog.fc2.com/tb.php/95-5fc0c867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【読書】夜行観覧車 «  | BLOG TOP |  » 「神立 神になった男 MICHIZANE」にスタッフ参加しました

プロフィール

いわさきゆき

Author:いわさきゆき
観劇レポとか趣味とか本の記録とか

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (25)
FBログ (15)
観劇 (38)
演劇 (39)
読書 (6)
現場 (6)
勉強 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。