2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿楼「博多ヒストリカ」


椿楼さんの「博多ヒストリカ」に行ってきました。

前回、大好きな先輩が出演しているということで行った「レーツェルレーゼン」が私の椿楼デビューでした。

今回も椿楼さんの緻密な会話劇が繰り広げられてました。
福岡県県庁文化財保護課という架空(?)の組織で行われる、歴史ミステリー。
窃盗団とか山田さんとか宮本武蔵の刀とか古文書とか、情報量は前回同様めっちゃ多かったのに、
ログアウトせずに観れました。
なんででしょう。発音かな。


ただやっぱり、前回のレーツェルレーゼンがよかった。
本が悪いというわけではなく、椿楼さんの近代ヨーロッパ演劇風の演技スタイルが
レーツェルレーゼンの外国ものにぴったりハマっていた。

英語で脚本を書いて、それをもう一度訳して作ったという脚本に、
みなさんの演技方法がしっくりはまってて、みなさんが外国人に見えてた前回。

今回は、やっぱりちょっと演技スタイルが浮いて見えたかな...
そのおかげで話についていけたのですが。
シェイクスピアとかやってみてほしいなぁ。



にしても、3時間(!)の劇を、当日券1300円で観れるってのは
前回から引き続きびっくり。
クオリティと労力と値段が合ってない!



あと、その前に行った「劇場へ行こう!」で、
「観劇しているときに仕事の目線を持ち込んじゃだめ」
という話を聞いて、以前からずっと嫌だった「照明を気にしすぎる問題」を解決すべく
絶対に上を見ないと決意。笑

休憩時間にちょっと観てしまったけど、あとは集中して舞台みてました!
......いやちょっと嘘ついたライブっぽいなと思って照明みてましたすいません...

色がほとんど凸に入ってるのが不思議でした。笑

ろくな感想かけなかったけど、3時間もの時間をありがとうございました∠( ゚д゚)/
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://citronrabbit.blog.fc2.com/tb.php/73-a1cda34a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

演劇についての研究中。 «  | BLOG TOP |  » 東京・横浜に行ってきました。

プロフィール

いわさきゆき

Author:いわさきゆき
観劇レポとか趣味とか本の記録とか

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (25)
FBログ (15)
観劇 (38)
演劇 (39)
読書 (6)
現場 (6)
勉強 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。