2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【観劇】万能グローブガラパゴスダイナモス『月ろけっと』


ガラパさんの本公演久々だー!
楽しませていただきました。

戯曲ディスカッションツアーに行った後で、戯曲を分析する日本語をたくさん仕入れてしまった直後だったので
観劇した後に「これを即ブログに書いたら、後で胡散臭すぎて自分で引く文章ができあがる!」と恐れたのでちょっと置いときました(笑)
その間に、観劇した皆さんとお話したりして...
この前の飲み会で、そこにいる全員がガラパさんのこと観てるという状況、びっくりしました。
さすがガラパさん...まだ東京ツアーもありますもんね、遠くから応援してます><



「人間の欲望」をテーマにした今回の作品。
タイトルから想像つかないくらい、面白いのに怖くて、笑いたいのに笑えない、ブラックコメディでした。

ある方が言ってたのですが、欲望を描くにあたっては、演劇では性欲が書かれるイメージがあるわけですが
そういうのなく、ポップに「欲望」というテーマを料理していたことがすごい、と。
なるほどなるほど、と思いました。


宇宙飛行士になりたいという夢を弟に託し、弟の仕送りのために働くかもめ。
その弟が、仕送りを使い込み、大学も辞めていると知って、弟・悠里の元へ殴り込みにくるお話。

そこには、高校の時に進路指導を担当していた弥生先生、弟が通い、今はバイトしているパソコンスクールの教師である秋(しゅう)がいて、説教しようとしていた矢先、「寿命と引き換えに何かを手に入れることが出来る」という、テレビクルーに扮する悪魔たちが現れる。




「寿命と引き換えに手に入れられるもの」一覧が、セットのあちこちからでてきて、キョロキョロしながら観劇してました。
面白かった〜〜
「いやそれは高いやろ」とか「それはその日数でこれはそれか」とか「それなら欲しい...!」とか。笑
ももの香り24時間は高い、香水でいける。
身長2mm14日も高い、髪の毛ふわふわにしたらごまかせる。
ただ、胸1カップ30日は...いける...
2度寝しない、が3日くらいなら買えるかもなぁ。3日分以上2度寝で寝てる。

まぁ、1度買ったら終わりなんでしょう。


随所に「自力でやったほうがいいよ」ってヒントがあったにもかかわらず、かもめはずんずん突き進んでいくので
笑いたいのにハラハラしちゃって。
明らかに騙されていくのに何も出来ないってもどかしい...(観客席より


悪魔たちに「悪魔の所業」と言われる11連ガチャ、今クリスマスイベントで回しまくってる身としてはホンマに笑えなかった笑
知ってる、知ってるけど、1回で出たらお得だなって思いながら回してるんです!
「出るまで回したら出るから実質確率100%」という頭の悪い名言が飛び出してる世界ですから!
ああカードがほしい!言語いらないからカードがほしい!私にクリスマス三月くんを!(´;ω;`)


とにかく秋の暴走っぷりがかわいくて面白くてw
膝が低反発、肩が低反発、瞳がスクリーンショーになって、頭触ると電気が。
これだけ読んだらただの面白人間!笑
同性愛って書き方難しいと思うんですけど、同性愛だからこそ面白くて、そして説得力のある流れだったと思います。
椎木さん髪の毛切ればいいのに〜って思ってたけど、伸ばしてたんですねw


弥生先生が最初から怖くて、「ぞくぞくするじゃない?」って言ったところから確実に「こいつが主犯」って思って観てたので、最後の集計タイムの衝撃がそこまでなかったのが残念かなぁ。

でもマジで怖かった。
主犯だ、と思ってたとはいえ、「悪魔かな?」って思ってたし、「悪魔であってくれ〜〜〜」って思ってたのに〜〜〜
やっぱりいちばん怖いのは人間だよ、ガチャのときも言ってた、「人間に習って導入したシステム」って言ってたもんな。
雨の日に見える月が「悪魔の瞳」と呼ばれているの知らなかったです。なんか言い得て妙ですね。
最初の雷の音とか、雨の音とか、音響・照明がとにかく丁寧で素敵でした。


ガチャは、基本無料プレイで、ああいうところで資金回収しないとそもそもサービスが成り立たないという背景があるんやと思うんやけど、悪魔の寿命回収は、悪魔界の資金代わりってことなんかな?
仕事として、そういったシステムがあって、なおかつ「嘘をつくことに抵抗がない」という性質で成り立ってるテレビ番組...
とかだったら面白いな。


多分、かもめと秋はあの部屋で何回もあれを繰り返していて、実際に知った寿命は思ってたより短かった、ということですよね。
それまで、ユーモア、買ってなかったのかなぁ。笑
でも、買ってたとしても、「ユーモアがない」と思ってたらユーモアの無い人間になるか...と一人で納得。
プラシーボ効果って絶対あると思うし、精神的なところは背中を押してくれるだけなのかもなーと思いつつ
そういう精神的な後押しがほしいから、みんなお金払ってお守り買うんですもんね。
お守りもなんか神様の商売に上手く乗せられてるのかな...ああなんか全部怖くなってきた...笑




悪魔は音楽が好き、というのは、伊坂幸太郎の「死神の精度」から来た設定?って観劇中に思ったけど、悪魔ちゃう死神や。
悪魔を題材にした漫画、黒執事では、「ジャック・ザ・リッパーの犯人は人間だけど、手伝ったのは死神で、退治したのは悪魔」みたいな史実に基づいた有名な話があって
せっかくテレビ番組で寿命を、っていうのがあるんだから、なんか有名な話とリンクさせることができたら面白かったのかなぁ。
(こういうのってメタ発言っていうのかな。)

私が設定好きっていうのもありますけど、悪魔の本質とか、立場とか、目指していることとか、もう少しヒントがあれば最終的な怖さが増したのかなと思いました。あと演技の説得力と。
AD3人組もいろんな立場がありそうで、書き分けてたのに、最後はどういう心境でいたのかがわかんなかったなぁ。
特に、心配そうにしていたチヒロは良心の呵責がありそうで、そういう悪魔もいるよってことなんかなー?って思ってたけど...最終的には「ぜーんぶ嘘」ってこと?でいいんですよ、ね?



マヤが振った理由は、なんか腑に落ちたことは落ちたけど、
(そうなんだろうなと思ってたし、私もあんな姉嫌やし、でもお前お金使い込んでた時点で何言ってもお前が悪いぞ)
「テレビだから騙してたの♡ドッキリ♡」とかのほうが死にたくなる気がするな。
マヤちゃん美人だしな、そんな現実逃避を好きと勘違いする前に、好きになってしまうくらい美人だからな。
結局、お金は全部マヤにつぎ込んでたってことですよね。
悪魔ってお金も欲しがるの?



全体的に、説得力とか根拠とか人間味とか、そういうのが欲しかったなと思いました。
なんで弥生先生はそこにいるの?とか(寿命キャッシュバックされてたりしたら面白いな、って話もしました)
宇宙飛行士とか、パソコン塾とか、進路指導担当教師とか、キーワードが微妙に共感しずらいし
「飛べない」も、あと一笑いほしかったな〜〜!
あとその衣装ADとして動きにくくない?とか。笑
衣装に関しては全然わからんかったな、最後まで慣れなかった...
カグラザカさんは似合ってました!プロデューサーっぽかった!

新しく加入したメンバーって声が可愛い人が多いと思うんですけど、声あんまり張ってしまうと、ぼそっと言う台詞の面白さとか人間味がちょっと足りなくなる、2次元感が強くなってしまうらしいです(言われたことある)。
頑張ってほしい〜〜〜


でも、福岡でガラパさんが定期的にみえる環境にいて幸せだなと思える作品でした。
かれこれ6年ガラパさんのファンやってるから、勝手に、何も出来ないけど、「頑張れ〜〜!」という目線で観てしまう。笑
「星降る夜になったら」は私は大好きでDVDも持っていて、ってかうちの演劇部みんな好きすぎて3枚DVD持ってるし
卒業したメンバーに連絡したら「GW帰ってきます!」って言ってたので、本当に楽しみです。
......ま、私多分観れないんですけどね.....
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://citronrabbit.blog.fc2.com/tb.php/191-2f8d553b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

何の公演も抱えてない、なう!! «  | BLOG TOP |  » 戯曲ディスカッションツアー〜The Last Supper〜

プロフィール

いわさきゆき

Author:いわさきゆき
観劇レポとか趣味とか本の記録とか

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (25)
FBログ (15)
観劇 (38)
演劇 (39)
読書 (6)
現場 (6)
勉強 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。