2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「幕が上がる」


卒業しまして、また大学院に入学しました。
あと2年は福岡にいることになると思います、よろしくお願いいたしますm(__)m

さて、だいぶ前からのものを。

映画「幕が上がる」についてです。

久々に映画を観に行きました。
平田オリザ×ももいろクローバーで、高校演劇の話、は行かなくてはっ!と。
だいぶ前のことなので、少しだけ感想を。

印象的だったのは、やっぱり先生の最初の「肖像画」のシーン。
映像ということを差し置いても、女優のスイッチがONになった瞬間を目の当たりにした気分です。

ももクロちゃんたちのピュアで、無理をしていない演技がすごく心地よくて、
2時間ほどの映画の中でぐんぐん成長していく様子を見ながら、自分の高校時代を思い返して少しこそばくなったり...w

いくら部活といっても成り立たせることって難しいけど、でもやっぱり「部活」ってだけで
演劇をする場と演劇を披露する場と、目指すべきもの(大会とか)があるっていうのは、恵まれていたなぁ、と
しみじみ感じました。
まずそういう「場」を作らないと何も出来ない今、とてもうらやましい環境だなって思います。

現役のときは「もうやめたい、演劇なんて2度とするか」と思いながら演劇してましたけど(笑)
そういうのって、やっぱり終わってから気づくことなのかもしれないですね。
でも、「この環境が幸せなんだ、この環境には終りが来るんだ」って現役中に気づいていたら
あんなに闇を抱えながら部活してなかったのかもしれないな、とも思います(笑)

「なんで演劇やってんの?」って先生にきかれたときの「やめたくないです」という答え、
今まで出会ってきた全ての回答の中で、1番しっくりきたかもしれないです。
(今とくに演劇やってるわけじゃないんですけどね。
なんでか演劇を観に行くのをやめず、演劇いいなー、演技出来るっていいなーって思い続けているということへの答え、というか)

まぁももかちゃんの役どころが難しいなぁと思いつつ。
ただまっすぐ演劇に向かう役は、ポテンシャルでいけるのかもしれないけど。
あと、走れ!は大好きで、大好きだからこそ、なんかEDは違う曲がよかったなぁ。笑

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://citronrabbit.blog.fc2.com/tb.php/107-3fd77d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

EXHIBITION SOUND SHOOTER vol.8に行ってきました «  | BLOG TOP |  » 【観劇】空晴「おしまいのしるし」

プロフィール

いわさきゆき

Author:いわさきゆき
観劇レポとか趣味とか本の記録とか

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

日常 (25)
FBログ (15)
観劇 (38)
演劇 (39)
読書 (6)
現場 (6)
勉強 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。